<< ある日の食事 Part-2 | main | 火星を撮ると >>

高齢化社会に向けて

 

  

 

急激な少子高齢化が大きな社会問題となっています。

越谷市内65歳以上の高齢者人口の占める割合は、

 

24.7%(平成30年5月1日現在)で、約4人に1人が

高齢者という状況です。将来的に、国では高齢者

 

1人を若い世代1人で支える「肩車社会」になると言われます。

こうした状況の中、越谷市として地域包括ケアシステム構築

 

に取り組んでいます。今回、元御殿自治会長として

平成30年第1回越ヶ谷地区地域包括支援ネットワーク会議に

 

出席をしました。自治会としての取り組みを発表する事が

できました。支え合いの地域づくり、助け合いづくりの必要性

 

を深く感じる会議でした。

 

at 05:03, doki2, なるほど雑学

comments(1), trackbacks(0), - -

comment
画伯, 2018/08/03 5:22 AM

どこの地域でも少子高齢化問題には、

頭を痛めていることでしょう。

やはり船橋でも越谷でも同じなんで

しょう。

私達が出来る事は、何があるのだろう

か、、?

無限に増えそうな医療費の節約ぐらい

なのかなー。


絵のことですが、現在は全く満足して

ないのですが、何処をどうするという

具体的なことが、浮かんでこないので

す、、、それが数ヶ月も経つと湧いて

くることがあるんです。

ゆっくり、その気になったらやります

か。










trackback
url:http://hara.msc-hara.com/trackback/1043885